2019年01月09日

JMD Handy Baby IIを使ってFiat 500 ID46リモートキーをコピーする

新しいJMD Handy baby IIキーコピー機を使用して、ID46リモートキーをFiat 500に正常に複製しました。とても簡単で速いです。





オリジナルキー:ID46 433MHz





元の鍵をコイルに入れ、チップのタイプとIDを識別します:PCF7946(HITAG2)ID46



デコードするにはOKを押します。





Handybaby IIをイグニッションアンテナの近くに置きます。

元のキーを挿入してイグニッションをオンにします。



データの成功を収集します。元のキーをコイルに入れてデコードします。



キーをコピーするにはオフラインモードを選択します。



キーデータを計算しています。キーを削除しないでください。

キーデータを読み取りました。



JMD ID46、JMDキングチップまたは赤色スーパーチップをコイルに入れます。



新しい鍵をコピーします。



Handy baby 2がFiat 500の新しいキーを成功にクローンしました。



新しいキーで車を起動します。



同じカテゴリー(key programmer)の記事画像
Lonsdor K518ISEキープログラマーについて
同じカテゴリー(key programmer)の記事
 Keydiy KD-X2を使ってHyundai i20のスマートキーを更新する (2018-12-17 11:35)
 YanhuaミニACDPはんだ付けなしでポルシェBCM 1N35Hにキーを追加する方法 (2018-11-06 16:36)
 JMD Handy Baby Red Super Chip とBlue King Chipの比較 (2018-10-23 15:33)
 どのようにマツダCX5 2016スマートキーをプログラミングする? (2018-10-11 16:07)
 Yanhua Mini ACDP PCソフトウェアを無料でダウンロードしてインストールする (2018-09-21 11:27)
 CGDI Prog MB NEC、ELV修復、シミュレートキーなどのアダプター 追加 (2018-09-12 18:48)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。